スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
モンスターvsエイリアン と ボルト
- 2009/08/05(Wed) -
モンスター vs エイリアン

両方観ました。

モンスターvsエイリアン
笑えました。ストーリーが無さ過ぎて・・・
もう少しヒネリを入れて欲しかったなぁ。
ヒロインが自分のタイプじゃなかったからかなぁ?
間抜けで極端に弱いエイリアンは、逆に好感が持てたかな。
強いて良かったところと言えば、毛虫みたいなモンスターが変態して助けに戻ったときは、
ちょこっと感動しました。

まぁ、自分的にはボルトの方が面白かったですね。
起承転結がスッキリしてるし、映像的にもアニメとしては迫力があったし。
何よりも中だるみ的なダラっとした時間帯がないのが良かった。
でも、ボルトの声がジョン・トラボルタだったとは後から知りました。以外と合ってましたね。
スポンサーサイト
この記事のURL | 映画 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ノウイング
- 2009/07/11(Sat) -
ノウイング

自分的には満足出来る作品でした。

SFの世界で「予言」というものを題材にすると、何となく謎は解けてくるし結末も見えて来ます。
この物語も予想を裏切らないままに進んで行きました。

普段、映画にはサプライズを求める自分ですが、在り来たりな展開でも、ハッピーエンドにならなく
ても、納得のいくエンディングだと感じました。
この記事のURL | 映画 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
天使と悪魔
- 2009/07/01(Wed) -
天使と悪魔


遅ればせながら観ました。

ストーリー展開というか、謎解きに拘り過ぎている。それが一番の印象でしたね。
前作もそうだったけど、ここまで逝くと反って安っぽく仕上がってしまう。
たとえ在り来たりなストーリーになったとしても、非現実的な結末であったとしても、エンター
テイメントなんだから、もっと感動の余韻を残して終わって欲しかった。

高校生の頃
「このまま終わってくれ。もうこの先は見たくない・・・」
祈るような気持ちで心の中で手を合わせた。
主人公が立ち去った後、スクリーンは人影のない浜辺を映したまま、静かにエンディングが
流れ始める。
「太陽がいっぱい」 素晴らしい映画だったなぁ。
結末はもう誰にでも見えている。
でも、それをスクリーンには映さず、観客一人ひとりの心の中に投影させた。
時代を越え名作と語り継がれる、代表的なシーンだと思います。
この記事のURL | 映画 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
スラムドッグ$ミリオネア
- 2009/04/22(Wed) -
スラムドッグ$ミリオネア

アカデミー賞を受賞したってことで、期待して観に行きました。
・・・が、よく解りませんでした。
いえ、映画の内容ではなくって、なんでこれが作品賞を獲ったのかってことです。
もしかしたら、自分だけが深い部分を理解できなかったんかなぁ・・・orz

この作品賞って、社会問題をテーマにしたものが獲り易いって聞いたことがあります。
改めて歴代の受賞一覧を見てみたけど、やっぱり自分が思う「一番」とはだいぶ違いました。
この記事のURL | 映画 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
マダガスカル2
- 2009/03/14(Sat) -
マダガスカル2

ほんと、おバカな映画ですね ^o^)
難しいことは考えず、綺麗な映像を背景に、ただ楽しく笑えるストーリーに癒されました。
ギャグの連発は、最近のお笑い番組によく似た作風です。
とにかく私には満足のいく作品でした。
「3」にも期待してます ^^)v

さて、いよいよ来週あたりから本格的なYOSAKOI シーズン ^^)/~
しばらくは映画もオアズケかなぁ・・・ ^^;
この記事のURL | 映画 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。