スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
長崎ランタン・フェスティバル
- 2008/02/20(Wed) -
長崎燈會(中島川)

例年、開催されるとすぐに行っていたランタン・フェスティバルですが、今年はちょうど風邪をひいてしまっ
て、終了も近まった昨日、やっと仕事帰りに寄ってみました。
そして今年はメイン会場を避け、眼鏡橋が架かる中島川沿いと、マイナーなところですが崇福寺を合せて
2時間ほど、観光客も疎らな中ゆっくりと散策できました。
メイン会場の湊公園や中央公園などは、イベントもやっているので昨日も混雑していたことでしょう。

もともと長崎では、中華街で小ぢんまり行われていた華僑の人たちの年中行事、春節。
観光客のための賑やかなお祭りではなかったんですよね。
崇福寺の中庭に立ち、遠い子供の頃を思い出してしまいました。
この記事のURL | 日常の出来事 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
竹崎のカニ
- 2008/02/17(Sun) -
ゆがき立てのワタリガニ

日曜日は雪という予報に反して、結構良い天気になりました。
前日に、暫く家族サービスというものから遠ざかっていたことに気付いたので、思い立ったが吉日、佐賀の竹崎にカニを食べに行ってみました。
有明海に面したここ佐賀県や私が住む長崎では、一般的にカニといえばワタリガニです。
実を言うと私の場合、カニはその美味しさよりも面倒くささが先に思い浮かんで、積極的に食べたいという気になりません。
このシーズン、どちらかと言うとカキの方が好みです。

竹崎は多良岳の麓、有明海の干潟をはさんで島原半島を見渡すところに位置します。
うちの奥さんは何度か行ったことがあるという、温泉旅館の「蟹御殿」に入ってみました。
やっぱり休日のお昼時だと家族連れで混雑してますね。30分ほど待って座敷へ通されました。
待たされただけあって美味しかったけど、それでもやっぱり面倒くさい。
もう暫くカニはいいかな・・・っていう感想です。

それから食後は、のんびりと温泉へ。
見晴らしのいい露天風呂があったので、まだ風は冷たかったけど、息子と二人で雲仙の山々を眺めながらゆっくり浸かってました。
でも、そういえばさっき上の旅館から露天風呂が見えてたなぁ・・・ と思って振り返ると、案の定丸見え。
あ~ぁ、貧相な裸体をさらしてしまった。

そして、この記事を書こうと思い、今頃になって気付きました。
料理の写真は一つずつを撮って全体を撮ってませんでした。それに生きているカニも。
ブログのイメージを作って、それに合せて写真を撮る癖、つけないといけないですね。
この記事のURL | 家族 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
オフ・シーズンですが・・・
- 2008/02/16(Sat) -
ケンサキイカ

今日、TV番組で呼子のイカの活き造りを取り上げてました。
そう言えば去年の今頃、予定していたランタン・フェスティバルの撮影を急遽とり止め、家族のリクエストに応えて、呼子まで車を走らせたんでした。
我が家はいつも呼子大橋を渡って、加部島の「海宝」というお店で頂きます。
でも、考えたらそれから一年間、家族での遠出はほとんど行ってませんでした。
原因は間違いなくYOSAKOIですね ^^)
家族も呆れてます。っていうか、もう諦めてます。
ちょうど今はオフ・シーズン。胡麻をすっておくにはいい時季なんですけどね・・・

YOSAKOIのシーズン中は、趣味の映画鑑賞もなかなか思うように出来なかったせいか、オフに入ってから立て続けに観てしまいました。
パンズ・ラビリンスに始まり、カンナさん大成功です!やアイ・アム・レジェンド、テラビシアにかける橋、ルイスと未来泥棒、そしてライラの冒険。
試写会もありますが、ジャンルが一貫してないのがおかしい ^^;)ゞ

その最近観た映画の中で良かったのは、何と言っても「テラビシアにかける橋」ですね。
夢とか希望とか、大人になって忘れかけていたものの大切さを思い出させてくれました。
変化していく映像の美しさに鳥肌が立ち、そして切ないストーリーが胸を苦しくさせます。
主人公の少年の後悔が、今も自分のことのように心に残って離れません。
私には忘れられない名作の一つになりました。

やっぱり、映画って本当にいいもんですね。(水野晴男さんってまだ元気だったかな?)
今年のYOSAKOIシーズンに入っても、なんとか時間を見つけて観に行くようにしよう。
よし、毎年行ってた「計画を立てない一人旅」も復活させよう!

問題は、限りある小遣いをどう振り分けるかかな・・・
この記事のURL | 家族 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
かき食うカキ祭り
- 2008/02/03(Sun) -
パールクイーン&海王

2月2~3日の二日間、西海パールシーリゾートの「かき食うカキ祭り」に行って来ました。
もちろん、目的はカキを食すことではなく、YOSAKOIです。
初めて見る会場には、巨大テントの下に沢山のカキ焼き台が・・・
そして、県外からのバス・ツアーのお客さんたちが続々と到着し、あっと言う間にいっぱいになりました。
初日は4チーム、二日目は6チームだったかな?
ちょっと少なかったけど、ほぼ一ヶ月ぶりに観るYOSAKOI踊りを満喫しました。
観光客の皆さんも、カキに夢中かと思ったらノリもよく声援してくれて、楽しんでもらえたようです。
YOSAKOIを初めて観た方でしょうか、帰り際、声を掛けに来てくれるお客さんもあり、ありがたいことですね。

ちょうど12時から始まったYOSAKOI踊りなので、終了後はいい具合にお腹も空いています。
結のメンバーとの昼食は、この上なく楽しかったですね。
ひとり離れた長崎に住む私には、普段はこういう機会がなかなかないし、嬉しい企画でした。
初日はレストランで、二日目はカキ焼きのテントで、ともに2時間ほどの会食はあっという間に過ぎてしまいました。
たとえカキフライで口の中を火傷しても、カキが吹き出した潮を思いっ切り被っても、是非またやりたいですね。

そうそう、生憎の天気の中、遠路遥々いらしたパパさんはじめ春日の皆さんは、カキは満喫されたでしょうか?
お正月の大村といい、パパさんの行動力には驚きます。
この記事のURL | YOSAKOI | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。