FC2ブログ
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
天使と悪魔
- 2009/07/01(Wed) -
天使と悪魔


遅ればせながら観ました。

ストーリー展開というか、謎解きに拘り過ぎている。それが一番の印象でしたね。
前作もそうだったけど、ここまで逝くと反って安っぽく仕上がってしまう。
たとえ在り来たりなストーリーになったとしても、非現実的な結末であったとしても、エンター
テイメントなんだから、もっと感動の余韻を残して終わって欲しかった。

高校生の頃
「このまま終わってくれ。もうこの先は見たくない・・・」
祈るような気持ちで心の中で手を合わせた。
主人公が立ち去った後、スクリーンは人影のない浜辺を映したまま、静かにエンディングが
流れ始める。
「太陽がいっぱい」 素晴らしい映画だったなぁ。
結末はもう誰にでも見えている。
でも、それをスクリーンには映さず、観客一人ひとりの心の中に投影させた。
時代を越え名作と語り継がれる、代表的なシーンだと思います。
スポンサーサイト
この記事のURL | 映画 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<花菖蒲 | メイン | 鷹島肥前大橋>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://momotarami.blog106.fc2.com/tb.php/124-5a7fdea4
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。